株式会社 海田鋼材宣言

 
幸福な人生をあゆむために、わたしたちは、海田鋼材に集います。
 
わたしたちの人生は、家族、お客様、地域とともにあり、その幸福に貢献することをよろこびとします。
 
わたしたちは、そのために共に学び、考え、力を合わせます。
 
わたしたちは、このことにより自己を成長させ、よりよく人として生き、充実した幸福な人生をあゆみます。
 
そしてわたしたちは、誇りを持って、この企業を未来に引き継いでいきます。
 

株式会社 海田鋼材 沿革

 
大正  5年 江部乙(現在滝川市)屯田として渡道した久留米藩士族海田家、はっか景気にわく北見市(当時野付牛町)に移住し、現在の本店所在地にて、海田幸助、ツルヨが海陸物産移出業を営む。
大正12年 海田 一(はじめ)が事業を継承し、薬種天産物移出業に転業する。
昭和25年 鋼鉄業に転業し、薄板などを取り扱う。
昭和27年 5月23日、資本金100万円、株主7名にて、株式会社海田商店 設立、海田 一(はじめ)が初代社長に就任、この頃よりトタン板を取り扱い始める。
昭和28年 資本金を200万円とする。
昭和34年 北見市南仲町に倉庫を設置(現在の南仲町倉庫)
昭和36年 昭和35年度(第9期)決算にて、年間売上高が初めて一億円を超える。
昭和42年 海田智恵能(ちえの)が第2代社長に就任、社名を株式会社海田鋼材に変更、大通倉庫を取得。(現在駐車場)
昭和45年 現在の南仲町倉庫において長尺屋根材の成型加工を始める。
昭和48年 昭和47年度(第21期)決算にて、年間売上高がはじめて5億円を超える。
昭和49年 資本金を500万円とする。
昭和50年 資本金を750万円とする。
昭和51年 資本金を1,000万円とする。
昭和54年 昭和53年度(第27期)決算にて、年間売上高がはじめて10億円を超える。
昭和55年 工場を北見市常盤町に新設する。(現在の常盤町倉庫)
平成  2年 豊地工場を北見工業団地に新設し、旧工場を倉庫(現在の常盤町倉庫)とする。
平成  4年 海田 司が第3代社長に就任。
平成 14年 海田 有一が第4代社長に就任。
平成17年 資本金を3,000万円とする。
平成19年 資本金を4,000万円とする。

海田鋼材の歴史

PAGE TOP